強迫性障害

 

 強迫性障害

 

 

 外出の際に戸締りを確認する、これは誰も行う当たり前で当然の行為ですね。

 

ところがどうでしょう。

 

1度や2度ならまだしも5回も10回も確認する、いや、確認しないと気が済まない。駅まで行ってまた戻って確認する。

 

結果的に約束の時間にも間に合わない。確認している本人もなぜこのような無意味な行動を延々続けているのか、何故やめられないのか、毎日がその繰り返し。

 

そのことにエネルギーを使い果たし、重度になると心身ともに疲弊してしまいます。

 

時間のロスも大きく大切なことをする時間も無くなってしまうという非生産的な日々を送ってしまうことも多々あります。

 

行為のみならず、思考に縛られるケースもあります。

 

あることを考え始めるとそのことが本人にとってそれほどの意味をもたないことを知りつつも、その思考から解放されない。

 

1日の大半をそのことだけ考え続けて、結果的にその他のことが全くできなくなってしまう。

暗澹とした、憂鬱な日々になってきます。

 

新着情報

松田メンタルクリニックブログ

松田メンタルクリニックQRコード
http://www.matsuda-mental-clinic.com/