3つの宣言

患者さんのための3つの宣言

 

当院では…

1.患者さんへの十分な説明を行い、同意を得て医療を提供します。

 

2.患者さんご自身の診療情報を開示します。

 

3.セカンド・オピニオンに協力します。

  ※セカンド・オピニオンとは「主治医以外の医師に意見を聞くこと」です

3つの心得

上手に医療を受けるための3つの心得

 

「患者さんのための3つの宣言」を活かすためには、患者さんも上手に医療を受けることが必要です。

 

●医師との情報のキャッチボール


医療はお医者さん任せではなく、患者さんも自分のことを考え、お医者さんに病歴や症状を的確に伝えなければ満足のいく結果が得られにくくなります。実際に受診する際には、お医者さんに伝えたい内容をメモにまとめ、要領よく説明できるようにしましょう。

 

●医師との信頼関係づくり


お医者さんと患者さんは、病気やケガに対し友に闘っていく立場にあり、信頼関係なしに医療は成り立ちません。日頃の挨拶や相手の話を良く聴くマナーを守り、お互いの信頼関係を高めていくことが大切です。

 

●最後は自分が決めるという意識


患者さんは、どのような医療を受けるのか自らが決めることができます。しかし、患者さんだけで最適な医療を選ぶことは困難です。そこで、信頼できるお医者さんにそれぞれの治療法のメリット・デメリット及び、その結果を質問し納得した上で治療を受けることが大切です。

新着情報

2010年

9月

12日

月曜日は休診日となっております。

月曜日は休診日となっております。

 

お問い合わせ、ご予約は火曜日午前9時より受付となります。

 

 

2017年

8月

01日

パニック障害

パニック障害

 

 

最近では、非常に馴染みのある病気になりましたね。

 

風呂上りで一番寛いでいるときに突然動悸が生じてきたり、高速道路で運転中に突然発作が生じてきたり、よくあるパターンは満員電車の中で突然動悸がしてきて、呼吸まで苦しくなったというのは非常に多いですね。そのようなことが、不定期に生じる。次第に不安が強くなり、結果的に今迄普通にできていたことがスムーズにいかなくなってきます。

 

内科で精査しても明らかな異常がなく、どうしていいのか毎日憂鬱な日々を送っている方もおられると思います。

1度当院を受診してみて下さい。明るい日々が待ってます。

0 コメント

松田メンタルクリニックブログ

松田メンタルクリニックQRコード
http://www.matsuda-mental-clinic.com/